フリーイラストレーターの仕事と収入

フリーならすべてプラス思考で乗り切れ

イラスト講座用イラスト

イラストレーターはその人の絵の個性や魅力を
売る職業である以上
フリーで活動する事が普通です。
フリーとは会社や組織に属さず、
仕事の全てを一人でこなすことを意味します。

 

会社で例えると
あなた1人で生産から社長、広告、営業までの
三役、四役をやるということです。

 

良い品物が出来ても
営業力のない会社では品物は売れないし
また、ずさんな経理では会社の運営も出来ません。

 

フリーとは、全てを1人で行っていく事で
ただ,絵を描いていれば良いわけではないのです。

 

そのため、フリーに向いているのは
楽天的な性格の人と言えるでしょう。
また、人とのコミュニケーションが得意であることも
重要な要素です。

 

 

 

フリーの広報活動と営業 

 

イラスト講座用イラスト

フリーで働いていると、基本的には誰にも頼ることができません。
当然、仕事も保障されていないので、
現在や将来への不安は常につきものです。

 

しかしこれらをいちいち気にしすぎていては、
良い作品作りや未来への展望は開けません。
どんな時でもプラス思考で突き進む強い意志が必要です。
また、絵を描く以外にも、自分の絵を多くの人に
知ってもらうための広報活動も大切になってきます。
どのようにすれば自分の作品をアピール出来るか
考えなければなりません。
 

 

イラストレーターは、よく自分の作品のポストカードを作ります。
これも作品のPR方法の1つといっていいでしょう。
また、個展等で新作の発表を行う場合もあります。
イラストレーターはこのように時には営業活動もしなければなりません。

 

ただしここでいう営業とは、単に作品を売り込むことだけではなく、
得意先であるアートディレクターや編集者の友人や知人をたくさん作ると言うも大切な仕事なのです。
 
 
イラスト講座用イラスト

 

 

彼等、ディレクターや編集者はあなたにとって
とても力になってくれる存在であり、彼等の友人や知人が多いと言う事は、
自分に仕事の来るチャンスがそれだけ増えるということなのです。
また、やりがいのある良い仕事もこのルートから入ってくる事がとても多いです。

 

仕事のネットワーク作りは積極的に行っていくべきでしょう。
ネットワークが広ければ広いほど、大成するイラストレーターが多いのも事実です。
これからイラストレーターを目指す初心者は
デザイナーやアートディレクター、編集者との出会いを大切にし
自分の友人や知人として自分の強力なネットワークを構築して行く事が必要になるはずです。

 

ただ、そのためには自分の作品を進歩させる努力と同時に、
人とのコミュニケーションにも積極的な姿勢を持つことが重要です。

 

 

 

 ギャラの支払い

 

 

フリーと言う職種は営業活動だけではなく、経理面も担当しなければなりません。

 

イラストで得る収入は仕事のあとすぐに支払われるのではなく、
2から3ヶ月後に銀行口座に振り込まれることが普通です。
そして、ギャラの支払い方法もその会社のシステムによって異なります。
1ヶ月後にきちんと支払う出版社もあれば、、4から5ヶ月待たされるプロダクションもあるのです。

 

 

イラスト講座用イラスト

このようにフリーの生活は仕事をした分だけ
次の月の収入になるのではなく、
相手の会社のシステムによって
支払われるときが変わります。

 

当然、2から3ヶ月分まとめて入ってくる月もあれば、
全く収入がない月もあるかも知れません。
そうなっても困らないよう、
常にある程度の貯えは持っておきましょう。
家賃や光熱費は生活する上で必須の経費であり、
支払いを待ってはもらえません。

 

これらに注意していてもギャラがきちんと支払われない
と言う事が時には起こります。
特に小さなの広告プロダクションの場合、
資金繰りに苦しんでいる所も多いです。

 

そのような会社で仕事をした場合、約束の期日になってもギャラが振り込まれないことがあります。
1から2ヶ月後れは当たり前で、なかには6ヶ月以上待たされる事もあります。

 

 

 

イラスト講座用イラスト

このような会社はうるさい所から順々に
払い込んでいく傾向があるので、
もしそのような事態になった時は
頻繁に催促の電話をしましょう。
そういう根性もフリーには必要です。
黙っていてはいつまでも払ってくれません。
最後には泣き寝入りされることだってあります。
遅れても払ってくれれば良いのですが、
会社自体が倒産してしまっては仕方ありません。
初心者はこの部分をよく理解しておく必要があります。

 

僕も過去に、相手の会社が倒産した事が何度かありました。
負債者が集まる債権者会議もありますが、

 

大口負債者がほとんどを持っていきます。
フリーのギャラはたとえ取れても10%がいいところでしょう。

 

 

 

僕の場合は、
このようなケース避けるために、小さいプロダクション等との取引では
ギャラをイラストと引き換えにもらえるように交渉しています。

 

 

税金問題

 

初心者が全くわからないのが税金問題です。イラスト講座用イラスト
フリーの場合のギャラは
サラリーマンとは違い源泉税を10%引かれた状態で
振り込まれます。
つまり10万円の仕事ならば、
9万円が相手から支払われます。
1万円は税務署に支払われるのです。
仕事が大きくなればなるほど、
10%の金額は大きくなっていきます。

 

1年間となるとその額は500万円なら50万円、
1000万円なら100万円と大きな金額となっています。

 

これらの収入は、
黙っていれば税務署に入り
貴方には絶対に戻ってきません。
必ず年末調整をして
払い込まれた税金を取り戻すようにしましょう。

 

 

1年間の全収入から必要な経費を引いた分が本当の貴方の所得になります。
それにかかる税金さえ払えば良いのです。

 

例えば、
1年間のイラストでの全収入が500万円。
仕事場として使った部屋や光熱費、その他画材にかかる費用はすべて必要経費なので、
もし自宅の半分の面積が仕事場なら年間の家賃の2分の1は経費になります。
もし年間の家賃が200万円なら2分の1の100万円は経費になります。
その他、光熱費や画材との合計が200万円ならば
貴方の本当の貴方の所得は500万円から200万円ひいて300万円、
税金は10%である約30万円払えば良い事になります。
50万円のうち、20万円は戻ってくることになるのです。

 

イラストレーターはただ絵を描いていれば良いわけではありません。
フリーである以上、仕事に関する全てをこなす必要があります。

 

 

おっくうな事はしたくない、ただ絵を描ければいいと思う人もいるでしょう。
もし貴方の絵がとても素晴らしく、多くの人に支持されればそれも可能でしょう。
ただ、そんな場合でも社会生活を営む上で最低限の事はついて回ってくるものです。
イラストレーターは、決して孤高の芸術家ではありません。
社会を形成する上では単なる職業の一つです。

 

これらを理解すれば今後、イラストレーターとしてどのような態度で社会と接して行けばいいのか、
おのずと分かって頂けると思います

 

 

 

 

 

この講座ではイラストレーター、絵本作家(画家)を目指す人の悩みにはできるだけ答えようと
思っていますのでこのサイトでわからないことや不安があればメールでお尋ねください。
ただし、不適切と私が判断した内容にはお答えできませんのでご了承ください。
 
なお、当サイトには掲載している作品はすべて私のイラストおよび絵本作品です
(一部記載のある生徒作品を除く)

 

質問はこちらへ
info@sbuart.com

 

 

渋谷アートスクールHP
http://www.shibuyaart.com/SHIBUYAARTSCHOOL2.html

 

渋谷アートスクール事務局
東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ302
TEL03-3462-6236  FAX03-3462-6251
教室
東京都渋谷区桜丘町15-8 桜丘ビリジアン101

 

 

 

当サイト内にあるすべての画像を無断で転写および複製する事を禁止します