イラストレーターの就職と絵本作家のアシスタント

イラストレーターになるためのその他の方法/就職とアシスタント

イラストレーターのアシスタントにつく

 

イラスト就職とアシスタント

アシスタントを募集している
イラストレーターを見つけるのは困難でしょう。
イラストレーターという仕事は、
個性が何よりも重要な職業なので
アシスタントを雇いづらいのです。
パターン化されたイラストや
キャラクターイラストの分野で
活躍しているイラストレーターの中には、
アシスタントに描き方の基本を教えて、
マンガ家のように、
ラフスケッチだけ描いて仕上げを
アシスタントに、やらせている人もいますが、
ほんの僅かです。
あったとしても、コネクションでの採用が
主になります。

 

また、イラストを学ぶという点でもアシスタントはあまり良い選択とはいえません。
アシスタントは先生のイラストの真似をくり返すだけです。
テクニックは学べたとしても、自分のイラストを創造することにはなりません。
自分のイラストは、自分で創って行かなければならないモノなのです。

 

 

 イラストレーターとして就職する

 

イラスト就職とアシスタント

百科辞典や参考書は、

大量のカットイラストが必要になり、

個人ではなく会社組織で

仕事を引き受けている場合があります。

これがイラスト専門の会社です。

 

社長をはじめ社員全員が

イラストを職業にしています。

仕事が増えれば必然的に社員になってくれる

イラストレーターを専門学校や求人誌で募集します。

通常は、実際にイラストが描ける人が

求められますが、

時には新人をアシスタントから育てることもあります。

 

 

 

僕が教えていた専門学校にも時々、アニメの背景を描く求人がありました。
そういう会社はとても低い給料で、とても高い能力、技術を要求します。
彼等が欲しいのは実際にイラストが描ける人なのですが、
給料の安い新人をアシスタントから育てる事も多いのです

 

 

イラスト就職とアシスタント

イラストレーター志望の新人は、

入社後にまずアシスタントから始めます。
もちろんアシスタントなので、
自分のオリジナルイラストを描くことはできません。
会社で請け負ったイラストを、上司や先輩の命ずるまま
職人としてこなして行くイメージが正しいでしょう。

 

 

イラストレーターという職業は、
基本的にはフリーとして自分の個性で描く仕事です。
会社に就職して描くと言うのは、これとは反対に会社の方針で、
描くと言う事だという事を覚えておきましょう。

 

これはデザイン会社や新聞社、出版者にイラストレーターとして、
就職する場合も同じです。
会社で求められているイラストを描くことが仕事になります。

 

 

 

 

 

この講座ではイラストレーター、絵本作家(画家)を目指す人の悩みにはできるだけ答えようと
思っていますのでこのサイトでわからないことや不安があればメールでお尋ねください。
ただし、不適切と私が判断した内容にはお答えできませんのでご了承ください。
 
なお、当サイトには掲載している作品はすべて私のイラストおよび絵本作品です
(一部記載のある生徒作品を除く)

 

質問はこちらへ
info@sbuart.com

 

 

渋谷アートスクールHP
http://www.shibuyaart.com/SHIBUYAARTSCHOOL2.html

 

渋谷アートスクール事務局
東京都渋谷区桜丘町14-10 渋谷コープ302
TEL03-3462-6236  FAX03-3462-6251
教室
東京都渋谷区桜丘町15-8 桜丘ビリジアン101

 

 

 

当サイト内にあるすべての画像を無断で転写および複製する事を禁止します